【ロードマップ】未経験者がwebライターになるための5つのステップ

プロフィール

この記事は約6分で読めます。

自宅労働部を運営している、Hi-Chanです。

プロフィールを読んでくださり、ありがとうございます。

収入が欲しくてはじめた、3つのブログ

これまでに運営してきた、3つのブログを公開します。

はじめてのブログ”川柳日記”

2017年2月頃、Bloggerではじめてのブログを開設しました。

当時のわたしは、ブログ知識がまったくありません。ドメインやサーバーという言葉も聞いたことがありませんし、もちろんアドセンスやアフィリエイトも知りません。

でも収入が得られることを知っていたので、簡単にはじめられるBloggerを選び、とにかくブログをはじめます。

 

”川柳日記”というブログ名からお気づきのとおり、この頃のわたしは、ブログ=日記という概念を持っていました。こんな知識では、収入を得られるはずがありません。

一般人の日記なんて、超面白くないと誰も読みませんからね。

まぁでも、はじめてのブログですから、こんな出来でもしょうがないでしょう。

 

”川柳日記”に記事を投稿していきますが、『アクセスがないので、ジャンルを変えよう。新しいブログを作ろう』と考えます。

あきらめと行動が早いです。

2つ目のブログ”Men’s Speed Cooking”

”川柳日記”を2週間ほどであきらめて開設したのが、”Men’s Speed Cooking”です。

速水もこみちさんを目指していました。

『どこがやねん!』

わたしもそう思います。

 

この頃までにわたしの知識は少し増えていました。

『どうやら料理のジャンルは、アクセスが多いらしい。アクセスが多いジャンルに希少性を持たせれば、稼げるぞ。』

知識は増えていましたが、ちょっと安易でした。

まぁでも、2つ目のブログですから、こんな出来でもしょうがないでしょう。

 

わたしは、さらにブログ知識を増やしました。

『どうやらWordpressがいいらしい。そして、格安SIMのジャンルが熱いらしいぞ。このジャンルで書けば、稼げるぞ。』

3つ目のブログを開設します。

 

3つ目のブログ”格安壱番街”

Bloggerをやめて、Wordpressに挑戦して2017年11月に開設したのが、”格安壱番街”です。

 

楽天モバイルのアフィリエイトサイトを作ることにします。

ムームードメインで独自ドメインを取得し、ロリポップのレンタルサーバーを借りました。どんどん記事を書いていきました。

”格安壱番街”で初報酬

うれしいことに、2018年8月に初報酬を得ました。

『ブログって本当に稼げるんだ!』と感動しました。涙は出ませんでしたが、ガッツポーズはしました。

収益があがると、ここから記事作成に拍車がかかります。どんどん記事を投稿し、修正し、2019年1月に月5万円を達成しました。

Googleアルゴリズムの変動で、アクセスが95%減少

月5万円を達成し喜んでいましたが、2019年3月からアクセスがどんどん減っていきます。

Googleアルゴリズムの変動です。

一時期は月間4万PV(PVとは、アクセスと似通った意味)を超えていたのですが、月間2千PV以下にまで下がりました。

Googleアップデート変動

Googleアップデート変動

『95%もPV数が減るなんて、こりゃGoogleアルゴリズムの変動がわるい。』

と思っていましたが、今は違う結論に至っています。

アクセスが減ったので、もちろん収益も下がっていきます。

2019年10月、このサイトから報酬が発生しなくなりました。

 

 

チーーーーーン 。

 

『アフィリエイターはいったん辞めよう。』

アフィリエイターからwebライターに転職

”格安壱番街”による収入が得られなくなったものの、SEOの知識やライティングスキルは少し身に付きました。

『これまでの経験を活かせる仕事をしよう。』

 

ブログ運営の経験を活かしつつ、でも収入を安定させるにはどうすればよいか。

 

考えた結果、webライターはどうかと思いました。

自分で運営するブログの収入だけに頼ると、そのブログのアクセスが無くなったときに収入が無くなります。

でも、webライターなら、記事を納品すれば収入が得られます。納品さえすれば、収入は必ず得られます。それで、ブログ運営よりも安定するんです。

 

ということで、収入の安定化を願うわたしは、フリーランスのwebライターに転職です。

 

2つのクラウドソーシングに登録

webライターとして仕事ができるよう、2つのクラウドソーシングに登録しました。

  1. ランサーズ
  2. サグーワークス

2019年10月には、どちらのサイトからも収入を得られるようになりました。

まだ、生活できるほどに稼いではいませんが、書けば確実に収入になる、というのは本当にうれしいです。

webライターとして働きはじめることで、ブログ運営していたころの不安が少し軽くなりました。

 

webライターになりたい人向けのブログ運営をしたくなる

専業アフィリエイターや人気ブロガーにあこがれていましたが、わたしはなれませんでした。

それでwebライターを目指すようになりました。

わたしと同じような人は、ほかにもいるはずです。根拠はありませんが。

そんな人たちにとって、『本当に役立つブログを作りたい(そしてやっぱり収入が欲しい)』、と思うので、webライター向けのブログを開設しました。

それが、当サイト”自宅労働部”です。

まとめ

いまは、専業webライターになりたいです。

でも、ブログもしたいです。

 

わたしのプロフィールを読んでくださり、ありがとうございました。

もしわたしのプロフィールを読んで、『いろいろ面白い経験したんだな』と感じた企業の担当者さんが読んでおられたら、ぜひライティングのお仕事ください。

ランサーズに、Hi-Chanで登録しております。

タイトルとURLをコピーしました