【ロードマップ】未経験者がwebライターになるための5つのステップ

コノハウィングとさくらのレンタルサーバで安いのは?【比較表&グラフ】

レンタルサーバー
この記事は約7分で読めます。

コノハウィングとさくらのレンタルサーバで安いのはどちらですか?

WordPressブログに必要なレンタルサーバーを借りたいけど、コノハウィングとさくらのレンタルサーバのどちらにしようか悩んでいませんか?

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

ブログ歴4年目のわたしが答えるよ。

この記事は、コノハウィングとさくらのレンタルサーバの料金を比較します。

これからブログをはじめるにかかる総費用をしっかりイメージできるはずです。

価格とサーバー性能を考えればコノハウィングで間違いありません!

そもそもWordPressブログにかかる費用はいくらなのか?

そもそもWordPressを運営するのにかかる費用を把握しているでしょうか?

意外と抜け落ちているかもしれませんね。

いったん、ここでWordPressブログの運営にかかる費用をまとめましょう。

  • レンタルサーバー(初期費用/月額費用)*
  • ドメイン代(取得費用/更新費用)*
  • WordPressテーマテンプレート

*印は必ずかかります。

WordPressテーマテンプレートは有料版もあります、無料版でも十分ですね。

このサイトはCocoonという無料テーマテンプレートを使っています。

テーマによっても速さは変わるので「【実験】WordPressの無料11テーマの表示速度【画像あり】」も参考にしてください。

引用:【比較】ConoHa WingとXserver安いのは?【総費用グラフ付】

コノハウィングとさくらのレンタルサーバの料金比較

コノハウィングとさくらのレンタルサーバーの料金を比べましょう。

料金比較
(プラン)
ドメイン取得ドメイン更新初期費用毎月更新3ヶ月6ヶ月12ヶ月24ヶ月36ヶ月移行代行
コノハウィング
(ベーシック)
1,280円1,280円0円1,200円/月1,100円/月1,000円/月900円/月850円/月800円/月6,980円/サイト
さくらのレンタルサーバ
(プレミアム)
1,886円1,886円1,048円1,571円/月なしなし1,309円/月なしなしなし
ドメイン取得・更新から月額料金まですべてコノハウィングが安い

総費用比較(毎月更新)

コノハウィングとさくらのレンタルサーバ料金比較毎月更新グラフ

総費用比較
(毎月更新)
1ヶ月3ヶ月6ヶ月9ヶ月12ヶ月15ヶ月18ヶ月21ヶ月24ヶ月27ヶ月30ヶ月33ヶ月36ヶ月
コノハウィング
(ベーシック)
2,480円4,880円8,480円12,080円15,680円20,560円24,160円27,760円31,360円36,240円39,840円43,440円47,040円
さくらのレンタルサーバ
(プレミアム)
4,505円7,647円12,360円17,073円21,786円28,385円33,098円37,811円42,524円49,123円53,836円58,549円63,262円

毎月更新タイプを選ぶと、36ヶ月目には26,000円もコノハウィングが安くなります。

毎月更新ではコノハウィングのWINGパックを利用できないため、ドメイン取得・更新が無料になりません。

それでも月額料金の差が大きいので、コノハウィングが安いです。

割引がお得になるWINGパックについては、「WINGパックは最大33%お得【通常プランとの比較表&グラフ付】」をお読みください。

総費用比較(12ヶ月更新)

コノハウィングとさくらのレンタルサーバ料金比較12ヶ月更新グラフ

総費用比較
(12ヶ月更新)
1ヶ月3ヶ月6ヶ月9ヶ月12ヶ月15ヶ月18ヶ月21ヶ月24ヶ月27ヶ月30ヶ月33ヶ月36ヶ月
コノハウィング
(ベーシック)
900円2,700円5,400円8,100円10,800円13,500円16,200円18,900円21,600円24,300円27,000円29,700円32,400円
さくらのレンタルサーバ
(プレミアム)
4,243円6,861円10,788円14,715円18,642円24,455円28,382円32,309円36,236円42,049円45,976円49,903円53,830円

12ヶ月更新の場合も、コノハウィングなら初月から3,000円以上安くはじめられます。

36ヶ月続ければ21,000円以上の差が出るため、間違いなくコノハウィングが安くておすすめですね。

サーバー性能はコノハウィングが優れている

コノハウィングとさくらのレンタルサーバのサーバー性能はコノハウィングが優れています。

サーバー性能はブログの表示速度や安定性に影響したり、どれだけデータを保管できるかに関係したりするんです。

レンタルサーバーおすすめプラン1年契約費用ワードプレス簡単設置サポート無料お試し期間利用実績自動バックアップリストア転送量ディスク容量SSL化MySQLマルチドメインサブドメインWordPress簡単移行WordPress移行代行
かんたん解説初心者
おすすめプラン
初年度運営費初心者でも
簡単にはじめられる
困ったときに
助けてもらえる
費用をかけず
使える
豊富なほど安心・
情報も多い
もしもの対策バックアップの復元バズへの
強さ
記事データ量SEOに影響する
暗号化の1つ
WordPressブログの
必須システム
利用できる
独自ドメイン
派生させるドメインワンクリックで
ブログ引越し
プロによる
ブログ移行
ConoHaWingベーシック10,800円
  • 24時間365日メールサポート
  • 平日10~18時
    チャットサポート
  • 平日10~18時電話サポート
なし不明無料無料4,5TB/月250GB無料60個無制限無制限6,980円
さくらのレンタルサーバプレミアム18,642円
  • 電話サポート
  • メールサポート
14日間45万件無料不明120GB/日200GB無料50個150個無制限なしなし

実際のサイト表示速度は、PageSpeed Insightsページスピード インサイトで計測できます。

コノハウィングとさくらのレンタルサーバの速度を計測した結果を載せました。

どちらもかなり早いですが、2つ目の口コミはampアンプという表示速度の速い仕組みを使っていますね。

そのため結果は当然早くなりますが、グーグルが推奨しているので可能ならampさせるのはいいと思いますよ。

コノハウィングならamp対応させなくても十分な速さが出ています。

料金を比べれば選ぶべきはコノハウィング一択

料金を比較すればコノハウィングがおすすめです。

どの期間で契約するにしてもコノハウィングが安くなります。

さくらのレンタルサーバと比べてサーバー性能も高いので、ぜひコノハウイングを使ってみてください。

サーバー性能を落としても料金を安くしたいなら、さくらノレンタルサーバのスタンダードプランを選ぶと月額524円からはじめられます。

 

タイトルとURLをコピーしました