【ロードマップ】未経験者がwebライターになるための5つのステップ

【比較グラフ付】おすすめの安いレンタルサーバー3選【WordPress利用可能】

レンタルサーバー
この記事は約13分で読めます。

WordPressワードプレスをはじめるのにおすすめの安いレンタルサーバーはどこ?

WordPressブログをはじめるにはサーバーを借りなければいけません。

でも、どれを選べばお得で安いのか分からないと悩みませんか?

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

3社のサーバー経験を持つ私が選んだよ。

  • 月額250円でもっとも安くWordPressブログが作れるロリポップがおすすめ!
  • WordPressのブログならサーバーの機能も絶対に確認しよう!

ロリポップ!

まずは無料で10日間お試し
WordPress5.4も簡単インストール

WordPressブログをはじめるのにかかる費用は?

WordPressブログをはじめるには、はてなブログやAmebaアメーバブログと違って費用がかかります。

絶対に必要なものは2つです。

独自ドメインとサーバーがなければWordPressブログを運営することはできません。

有料のテーマテンプレートやプラグインを導入したりすれば、さらに費用がかかります。

  • テーマテンプレートとは、WordPressのシステムに沿ってデザインされたテンプレートのことです。テーマテンプレートを変えるだけでブログの雰囲気がガラッと変わります。
  • プラグインとは、WordPressの標準機能に追加するオプションのことです。SNSとブログを連携させたり画像を軽くしたりする便利なプラグインを使えば、ブログをもっとパワーアップさせられます。

独自ドメイン代

WordPressブログを運営するなら独自ドメイン代が必要です。

  • 独自ドメインとは、世界に1つだけのドメインのことです。このサイトで言えばchrome-fan.netのことを意味します。

独自ドメインは取得費用更新費用が必要です。

費用はドメイン会社またトップレベルドメインによって違います。

  • トップレベルドメイン(TLD)とは、「.com」「.net」「.jp」などのことです。自由に取得できるTLDもあれば国や地域、企業しか取得でないTLDもあります。

有名なドメイン取得会社における「.com」の取得費用と更新費用をまとめました。

ドメイン会社取得費用更新費用
お名前.com760円1,280円
ムームードメイン1,160円1,480円
バリュードメイン1,300円1,300円
スタードメイン880円1,180円
エックスドメイン780円1,180円
  • 取得費用:976円
  • 更新費用:1,284円

*「.com」の場合

サーバー代

WordPressブログを運営するにはサーバーを借りる費用がかかります。

サーバーの費用はレンタルサーバー会社と性能によりピンキリです。

安いレンタルサーバーならWordPressブログにかかる費用を押さえられます。

  • 安め:0円~300円
  • 普通:500円~1,200円
  • 高め:1,500円以上

ただし、安いレンタルサーバーを選ぶときには注意が必要です。

おすすめの安いレンタルサーバー」は後から解説します。

0円にしたい人は「無料レンタルサーバー2選【おすすめしないがWordPress利用可能】」をお読みください。

安いレンタルサーバーの注意点

安いレンタルサーバーを借りるときは4つの注意点をチェックしてください。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

WordPressブログの運営にかかわるよ。

WordPressに絶対必要なデータベースが利用できない

安いレンタルサーバーはWordPressに絶対必要なデータベースが利用できないことがあるので注意しましょう。

  • データベースとは、電話帳がデータをまとめているようにブログ運営に必要なデータをまとめた引き出しです。
  • WordPressのデータベースとしてMySQLマイエスキューエルが広く利用されています。

WordPressブログを運営するためには、データーベース(またはMySQL)が利用できるサーバーでなければなりません。

しかし、格安サーバーにはデータベースが使えないものがあります。

データベースがなければ、ブログの記事や画像などのデータを置く引き出しがないためWordPressブログが表示できません。

ですから、安いレンタルサーバーを借りるときにはデータベース(またはMySQL)に対応しているかチェックしましょう。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

最低でも1個は必要だよ。

WordPressを簡単にインストールできない

格安レンタルサーバーの場合、WordPressを簡単にインストールできないこともあるので注意しましょう。

WordPressブログを利用するには、WordPressというシステムをサーバーに入れなければなりません。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

サーバーを借りればWordPressが入っているわけではないんだよ。

WordPressをサーバーに入れる作業は決してかんたんではありません。

むずかしい作業をだれでも簡単にできるのが「WordPress簡単インストール機能」です。

しかし、格安レンタルサーバーには「WordPress簡単インストール機能」が付いていないことがあります。

機能がなければ自力でインストールしないといけませんが、サーバーの知識がなければ無理です。

安いレンタルサーバーでもWordPressを簡単にインストールできるものを選ぶようにしましょう。

サイト表示速度が遅い

安いレンタルサーバーは、サーバーの性能が低くサイト表示速度が遅いことがあるので注意してください。

サイト表示速度が遅いと、せっかく記事を見ようとクリックしてくれたのに見らずに帰ってしまいます。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

表示されないので違うページを探した経験はありませんか。

サーバーの性能が低いと記事を見てもらえなくなるんです。

記事を見てもらえないなんてブログ運営しているのにもったいないですよね。

それに、サイト表示速度が極端に遅いとGoogleの検索結果でも記事が表示されにくくなります。

安いレンタルサーバーは、サイト表示速度が遅くなることもあるので気を付けましょう。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

WordPressを速くするにはテーマも重要なんだ。

サイト表示速度を速くするには高速テーマテンプレートを選ぶのも大事。

【実験】WordPressの無料11テーマの表示速度【画像あり】」をお読みください。

ちなみに、ブログ収益を考えている人は月額1,000円前後の超高速サーバーを選ぶのもいいと思いますよ。

下の記事で紹介するサーバーのプランを選べば、表示速度で公開することはありません。

サポート体制が弱い

格安レンタルサーバーはサポート体制が弱いことがあるので注意してください。

WordPressブログを作るとき、まれに思わぬトラブルが発生します。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

表示されないとか、極端に遅いとか。

サポートがしっかりしていなければ、サイトはトラブルが起きたままです。

格安レンタルサーバーの場合、コスト削減のためにサポートが弱いケースが多いです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

人件費かかりますからね。

少なくともメールサポートのあるサーバー、理想は電話サポートのあるサーバーです。

まとめましょう。

WordPressブログを利用したい人は4つの注意点をクリアするサーバーを借りててください。

おすすめの安いレンタルサーバー3選

おすすめの安いレンタルサーバーを紹介します。

予算や性能に応じて選びましょう。

サーバーを12ヵ月契約した場合で計算しました。

サーバー会社プラン名月額料金初期費用データベース簡単インストール表示速度サポートディスク容量転送量
LOLIPOPライト250円1,500円1個
  • メールサポート
  • チャットサポート
50GB100GB/日
JETBOYミニSSD290円1,000円3個
  • メールサポート
  • チャットサポート
5GB無制限*
ColorfulBoxBOX1580円0円(3ヶ月以上なら無制限
  • メールサポート
  • チャットサポート
  • 電話サポート
100GB1,000GB/月

*無制限とありますが、実際には5万PV/月を想定しています。

  • ロリポップ:遅いものの価格はもっとも安い
  • ジェットボーイ:容量が少なく画像の多いサイト運営に向かないものの300円以下で高速表示
  • カラフルボックス:500円を超えるものの高速表示電話サポート付き

1年契約時の3社の料金比較表&グラフ

3社レンタルサーバー料金比較グラフ

総費用比較
(1年契約)
1ヶ月3ヶ月6ヶ月9ヶ月12ヶ月15ヶ月18ヶ月21ヶ月24ヶ月27ヶ月30ヶ月33ヶ月36ヶ月
ロリポップ
(ライト)
3,250円3,750円4,500円5,250円6,000円6,750円7,500円8,250円9,000円9,750円10,500円11,250円12,000円
JETBOY
(ミニSSD)
1,290円1,870円2,740円3,610円4,480円5,350円6,220円7,090円7,960円8,830円9,700円10,570円11,440円
カラフルボックス
(BOX1)
580円1,740円3,480円5,220円6,960円8,700円10,440円12,180円13,920円15,660円17,400円19,140円20,880円

安いレンタルサーバーを借りる場合、初期費用の差がかなり大きく影響します。

JETBOY(ミニSSD)はロリポップ(ライト)より月額料金が高いものの、初期費用が1,000円と安いので36ヶ月の費用までずっとロリポップより安いですよね。

また、同じ理由でカラフルボックス(BOX1)もロリポップ(ライト)より9ヶ月までは安くなっています。

ロリポップ

ロリポップ

ロリポップ

ロリポップは、3社のうちもっとも安く利用できるレンタルサーバーです。

とにかく費用を安く抑えたい人

ライトプランはHDD(ハードデイスク)を使ったサーバーなので、SSDを使うサーバーに比べ表示速度が遅いです。

ロリポップのライトプランは容量と転送量が多いため、数百記事と増えても何万PVと増えても対応できます。

記事が増えたりアクセスが増えたりしたならスタンダードプランやハイスピードプランに変更しましょう。

記事数が少ないうちは費用を安く抑えることがブログ継続のカギです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

収入がなく支出ばかリに感じるからね。

ロリポップは初心者にやさしいレンタルサーバーです。

WordPress簡単インストール機能あるので安心してブログをはじめられます。

ロリポップ!  口コミ

まずは無料で10日間お試し
WordPress5.4も簡単インストール

ジェットボーイ

ジェットボーイは月額290円で始められるのに高速表示ができるサーバーです。

月額料金が安くても速さを追求したい人

ジェットボーイは全サーバーがSSDを載せているため、ロリポップ/ライトプランよりも表示速度が速いです。

データベースも3個まで対応するため、ドメインの違うWordPressブログを3つまで持てます。

初期費用安いため、ほかのサーバー会社と比べてはじめやすいです。

ただし、ディスク容量が5GBとかなり少ないのは注意が必要になります。

ブログ記事に高画質な画像をたくさん入れようとすれば容量が不足するかもしれません。

記事内・アイキャッチ画像の画質をブログ表示に適したサイズに変更しましょう。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

ちなみに、このサイトは80記事で約1GBのディスク容量を使っているよ.

JETBOY

14日間無料お試し&初期費用50%OFF

カラフルボックス

カラフルボックス

カラフルボックス

カラフルボックスは3社の中でもっとも性能が優れているのに月額580円で利用できる高コスパなレンタルサーバーです。

  • 料金は安くしても性能は妥協したくない人
  • 電話サポートがほしい人

カラフルボックスは全プランで電話サポートが利用できます。

SSDサーバーなのでジェットボーイと同じようにサイトの表示速度が速いです。

さらに、データベースの制限がないためWordPressブログを何個でも持てるのも魅力的。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

そして何より大きな特徴がバックアップ。

また、カラフルボックスは東京と大阪にサーバーを持っています。

東京サーバーをメインにすればバックアップは大阪になり、大阪をメインにすればバックアップは東京になるんです。

これにより大規模災害や停電などで片方のサーバーに大きな被害が出てもバックアップのサーバーにサイトデータが保護されます。

長くブログを続けていくうえでサイトデータをしっかり守れるカラフルボックスなら安心ですよね。

カラフルボックス  口コミ

無料30日間お試し
キャッシュレス5%還元

安いレンタルサーバーでいいのでWordPressブログをとにかくはじめよう

WordPressブログをはじめたいと思ったなら、安いレンタルサーバーでもいいのでとにかくはじめましょう。

というのも、今日おすすめした3つのレンタルサーバーはどれもプラン変更が可能です。

ブログの成長に合わせてより高性能で優良サポートを受けられる上位プランに変えられます。

さらに、ブログ開設当初はそれほどアクセスもないため表示速度が遅いことも大きな問題とはなりません。

記事数も少ないのでディスク容量も気にしなくてもO.K.です。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

安いレンタルサーバーからはじめるのはとっても賢い方法なんだ。

ただし、レンタルサーバーの中にはプラン変更ができないものもあるため適当に選ばないようにしてください。

紹介した3社のうち気に入ったレンタルサーバーからWordPressブログをはじめましょう。

3つのサーバーはどれも無料お試し期間付きなので、とりあえずはじめるのがベストです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

ブログは魅力がいっぱい!

ブログを持っている人は、webライターの仕事も受注しやすくなります。

新しい仕事にチャレンジするうえでブログ開設に大きなメリットがあるんです。

実績なしの初心者webライターはブログで受注しよう【実体験】」をお読みください。

タイトルとURLをコピーしました