【ロードマップ】未経験者がwebライターになるための5つのステップ

Brain marketがねずみ講っぽい理由とマルチで稼ぐ3つのデメリット

Brainの変な使い方ブログ
Brainの変な使い方
この記事は約11分で読めます。

Brain(ブレイン)とは、2020年1月に公開された新しい知識共有プラットフォームです。

Brain内の記事コンテンツ制作者だけでなく、紹介者が報酬を受けられる仕組み(かんたんに言うとアフィリエイト)が組まれていることで話題になっていました。

しかし、いざBrainが公開された現在、こんな声を聞くようになっています。

  • 「Brainをながめてたら、お金儲けの記事ばかりでいやだ」
  • 「なんだかねずみ講みたい」

この記事では、Brainの現状と間違った使い方がいったいどれほど損なのかをまとめました。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

Brainで稼ごう、Brainがいやだ、いろいろな考えの人にぜひ読んでもらいたいです。

Brain(ブレイン)知識共有プラットフォームとは

Brainスクリーンショット

Brainスクリーンショット

Brain(brain-market)は、知識共有プラットフォームです。さまざまな役立つ知識をみんなで共有できるようにするために作られている新しいプラットフォームと言われています。

アフィリエイト機能がある、というのが大きな特徴です。これにより多くの人に有益な情報が拡散されやすくなりました。

 

さて、Brainの事業者について整理しましょう。

事業者名
株式会社スキルハックス
住所
滋賀県草津市矢倉1丁目3-55-15 コラールJ1 104号室
連絡先
support@brain-market.com
電話番号080-7126-4845
公式サイトの会社案内:https://skill-hacks.co.jp/guidance/

Brainを制作した株式会社スキルハックスの代表取締役は、迫 佑樹さん(https://twitter.com/yuki_99_s?s=20)です。

ブログ/ プログラミング/ アフィリエイト界隈ではとっても有名な方で、Twitterをしておられます。2020年1月時点でフォロワー65,000人をかかえるインフルエンサーのおひとりです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

もちろん、わたしも知っているよ。

Brain(ブレイン)がねずみ講っぽくなった3つの理由

Brainをねずみ講っぽく使う人

Brainをねずみ講っぽく使う人

さて、Brainの現状をお話ししますと、ほんとうに悲しい状態になっています。

  • 「お金儲けの記事ばかり」
  • 「大人向けの記事がいや」
  • 「〇〇さんのBrain買ってみたがうっとうしい!」

本当かと思う人のためにスクショをあげたいのですが、アンチコメントが届いても困るので、気になる人はBrain(ブレイン)のサイトURLを貼っていますので、見てください。

公式サイト:https://brain-market.com/
ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

今後改善されていくかもしれないけど、2020年1月時点の公開当初はほんとうに悲しくなる内容だったよ。

じゃあ、どうしてBrainがねずみ講っぽくなったのかをお話しします。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

これはわたしなりの見解だよ。

Brainがねずみ講っぽくなった理由① アフィリエイトがあるから

Brainにアフィリエイト機能があるからでしょう。

アフィリエイトとは、他の人にサービスや商品を紹介したときに紹介料が得られる仕組みのことです。アフィリエイトの仕組みにより、サービスを作った人もサービスを広めてもらいやすくなり、また紹介者もサービスを紹介する力を得られます。アフィリエイトは本来悪いものではなく、正しく使えば有効なものです。

Brainのアフィリエイト機能により、記事コンテンツを購入した人が「ほんとうによかった」と思える記事を紹介することで、より有益な情報がひろがりやすくなります。

しかし、これを正しく使うのではなくねずみ講っぽく使う人がいるんです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

Brainのアフィリエイト機能が、ねずみ講っぽく使われるなんて、悲しいよね。

Brainがねずみ講っぽくなった理由② レビュー&スコア機能

Brainには、レビューとスコア機能があるからです。

もちろん、レビュー機能もスコア機能も、読者が記事が有かどうかを判断する指標の1つになります。

悪いものではありません。

 

Brainも、正しいレビューの基準をTwitterで公表しました。

しかし、高額なアフィリエイト機能とレビュー・スコア機能が一緒になると、レビュー・スコアの公平性が著しく低下します。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

報酬を考えると、高評価をつけたくなるものだもんね。

Brainがねずみ講っぽくなった理由③ 2019年までに有料noteが流行ったから

2019年までに有料noteがかなり流行ったから、というのも1つの理由でしょう。

有料noteとは、記事や画像などのコンテンツを無料または有料で販売できるプラットフォームの1つです。
公式サイト:https://note.com/
ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

わたしも1冊だけ買ったことがあるよ。

2019年までに、この有料noteを使って稼いでいる人がTwitterの中でも散見されました。もちろん、有料noteを使って稼ぐのはけっして悪くありません。中には、「情報商材だ」という人もいましたが、価値あるコンテンツはレビューを見れば見分けられます。

有料noteのプラットフォームができるまでは、個人の記事をかんたんに販売する仕組みがありませんでした。しかし有料noteのおかげで、記事販売のハードルは一気に下がります。

そのため、有料note参入者がどんどん増えました。

結果として、Brainも有料での記事コンテンツを販売するサービスとして、多くの人に認知されやすかったはずです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー
  • アフィリエイト機能
  • 有料noteの流行

この2つの理由でおそらく、Brainも公開当社からバズってるし、ねずみ講っぽく使う人もいたんだと思うよ。

Brain(ブレイン)でマルチで稼ぐ3つのデメリット

Brainをねずみ講っぽく使うデメリット

Brainをねずみ講っぽく使うデメリット

Brainをねずみ講っぽくする人たちがいますけど、そうすることのデメリットを話します。

  1. 紹介する本人は信頼を失うかも
  2. 制作者まで信頼を失うかも
  3. Brain(ブレイン)まで信頼を失うかも
ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

かも、と付けたとおり絶対とは言わないけど、9割ほどそう言えるはず。

① 紹介する本人は信頼を失う可能性

ねずみ講っぽくすると、紹介する本人は信頼を失います。

「ねずみ講」だと思い、避けられるのが落ち目です。Brainで使っている名前とTwitter/Instgram/ブログなどで使っている名前が同じ、あるいはアイコンが同じだとすればフォロワーや固定読者が離れるかもしれません。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

少なくとも、わたしは警戒心を持ち、距離をおくね。

他人の有料記事コンテンツをおなじサービス内で紹介して利益を得るなんて、どう考えても変です。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

その有料情報まで2回お金払うんだから変だよ。

Brainをねずみ講っぽく使うと信頼をなくすのは、もう目に見えてます。

② 制作者まで信頼を失う可能性

Brainをねずみ講っぽく使うのは、記事コンテンツを作った制作者も信頼を失うかもしれません。

「ねずみ講のおおもとは、この人か」と勘違いされるからです。

たとえ、その記事が有益な情報を提供しても、いったんねずみ講っぽい使われ方をすると、評判が落ちます。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

せっかくのきれいな絵をきたない封筒に包んで送ったら、その絵の本当の価値を感じにくくなるのと同じだよ。

記事の紹介の仕方1つで、本当に有益な情報やその製作者まで信頼を失うかもしれないのです。

デメリットはひろがります。

③ Brain(ブレイン)まで信頼を失う可能性

そして、Brainそのものが信頼を失うかもしれません。

「うわぁ、Brainはマルチや情報商材ばっかりできらい」なんて思う人も出てくるでしょう。

せっかく有益な情報を提供するためのプラットフォームなのに、使う人がいなくなるとしたら、これは悲しいです。

Brainというプラットフォームを運営している株式会社スキルハックスの方々にも影響を与えかねません。

 

Brainをねずみ講っぽく使うなら、紹介者にも製作者にも事業者にもデメリットがあるんです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

だから、間違った使い方はやめようね。

Brain(ブレイン)の正しい使い方

Brainの当り前な使い方

Brainの当り前な使い方

Brainは正しく使ってほしいものです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

健全な使い方って、なんだろうね。

  1. 有益な記事だと思えば、紹介しよう
  2. Brain(ブレイン)の中ではなく無料プラットフォームで紹介しよう

有益な記事だと思えば、紹介しよう

Brainのなかに有益な記事が見つかれば、紹介しましょう

アフィリエイト機能を持たせたBrainの仕組みは、やはり紹介することに意味があるので、有益な記事は紹介してください。

ただし、それをBrainの中で紹介するのではなく、違うプラットフォームで紹介するのが賢明です。

たとえば、自分のブログやTwitterや無料noteのなかで紹介できるでしょう。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

Brainのコンテンツを有料noteで紹介するときも、使い方を間違えると、プラットフォームを変えたところです意味はないよ。

Brain(ブレイン)に有益な情報を投稿しよう

Brainは知識共有プラットフォームなので、だれかにとって役立つ情報なら投稿しましょう

そうすればBrainも盛り上がります。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

Brainに貢献できるね。

Brainを有料noteと同じ感覚でつかう、これでいいと思います。

アフィリエイト機能があるからと、特別な(変に商売チックな)使い方をせず、有料で有益記事を提供すればいいだけです。

まとめ:Brain(ブレイン)アフィリエイトをマルチ商法的に使わないで

Brainの公開当初に起きたかなしい出来事を振り返りました。

マルチ商法やねずみ講っぽく使うのではなく、むしろBrainというプラットフォームが望んでいる方法で使うようにしましょう。

Brainも正しい使い方ができるよう動き始めているようです。利用者も有益な使い方をしましょう。

  • 有益な記事を紹介しましょう
  • 有益な記事を投稿しましょう

自分の信頼、制作者の信頼、事業者の信頼を失うことが内容にBrainを利用したいものですし、みんながそうやって使うときがくればいいですね。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

わたしはBrainに登録だけしたよ。

タイトルとURLをコピーしました