【ロードマップ】未経験者がwebライターになるための5つのステップ

【webライターの始め方】初心者おすすめクラウドソーシング3サイト

webライター
この記事は約9分で読めます。
webライターを始めるのにおすすめのクラウドソーシングはどこですか?

webライターになるためクラウドソーシングをはじめたいものの、どこから始めるのがベストなのか迷いますよね。

使ったことがなければ不安ですし、何より失敗したくない。

サイト選びをミスって、稼げないwebライターのままなんて嫌です。

webライターの始め方がわからない人は、おすすめのクラウドソーシング3サイトからはじめましょう。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

現役webライターが使っているサイトを紹介【プロフィール

サグーワークス、ランサーズ、クラウドワークスからはじめよう!

webライターの仕事を探す3つの方法

webライターを始めるには、まず仕事を探さなければなりません。

ライティング案件を探す方法は次の3つが基本です。

  • クラウドソーシングに登録する
  • 好きなウェブサイトに問い合わせる
  • Twitterから探す

1番おすすめなのは、クラウドソーシングを使うこと。

クラウドソーシングならライティング案件が豊富にあるからです。

ウェブサイトやTwitterから探しても、クラウドソーシングほどは見つからないでしょう。

また、クラウドソーシングを介することで報酬未払いなどのトラブルを避けることもできるんですよね。

ウェブサイトやTwitterから見つける仕事はたいてい直接契約です。

  • 直接契約とは、ライターと会社クライアントのあいだにだれも介入しない契約のことです。
  • 仲介する人がいないので単価は高いものの契約や支払いにはリスクが伴います。

間に入ってくれるクラウドソーシングサイトがいることで、安心して仕事に取り組めるんです。

手数料をとるサイトが多いものの、それでもクラウドソーシングを利用する価値があります。

webライターの始め方:クラウドソーシングの使い方

クラウドソーシングを使ってwebライターの仕事をはじめる流れを確認しましょう。

webライターの始め方
ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

この流れでwebライターの仕事をはじめればO.K.

現役webライターおすすめクラウドソーシング3サイト

クラウドソーシングのサイトはたくさんありますが、おすすめは3つだけです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

初心者はこの3つからはじめればOK

  • 案件数が多く仕事を見つけやすい
  • 業界大手の安心感がある
  • ライターとクライアントの間にきちんと入ってくれる
ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

とにかく安心して使いやすいんだ。

3つのクラウドソーシングサイトについて基本情報を比較表にまとめました。

サイト名提案
交渉
案件数単価システム
手数料
報酬受取
条件
報酬振込
手数料
運営会社事業内容設立資本金所在地利用者数発注企業数
サグー
ワークス
不要少ないやや安~やや高0円
  • 1000ポイント以上
  • ドットマネー経由500ポイント以上
  • 110ポイント
  • ドットマネー0ポイント
株式会社

ウィルゲート

  • コンサルティング事業
  • メディア事業
2006年6月20日60,000,000円〒150-0002
東京都渋谷区
渋谷3-12-18
渋谷南東急ビル2F
259,701人3,200社
ランサーズ必要普通激安~高い
  • 20万円以上5%
  • 10万円~20万円10%
  • 10万円以下20%
1,000円以上
  • 楽天銀行100円
  • その他500円
ランサーズ
株式会社
  • フリーランス
  • タレント
  • プラットフォーム事業
2008年4月1日2,267,250,681円〒150-0002
東京都渋谷区
渋谷3丁目10-13
TOKYU REIT渋谷Rビル9F
500,000人以上240,000社以上
クラウド
ワークス
必要多い激安~高い
  • 20万円以上5%
    10万円~20万円10%
    10万円以下20%
1,000円以上
  • 楽天銀行100円
  • その他500円
株式会社
クラウドワークス
インターネットサービス
運営
2011年11月11日2,687,210,000円〒150-6006
東京都渋谷区
恵比寿4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
2,000,000人以上250,000社

それぞれのサイトに登録しましょう。

3サイトとも登録は無料です。

実際に報酬をもらってはじめて手数料が発生するので安心してください。

クラウドソーシングサイトでプロフィールを充実させよう

クラウドソーシングサイトに登録したらプロフィールを充実させます。

プロフィールの充実度が受注しやすさに影響するので、しっかり書いてくださいね。

  • 経歴・能力を書く
  • アイコン設定
  • ポートフォリオ紹介

これまでの仕事の経歴を書いておけば、経験・知見ちけんがあるので採用されやすいです。

経歴を書くときには能力も含めて記載しましょう。

 

アイコンも準備してください。

なるべく覚えやすいアイコンがいいです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

顔・実名は出しても出さなくてもOK

 

ポートフォリオがあれば受注しやすさはめちゃくちゃ上がります。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

過去のブログがあればそれも立派なポートフォリオ

クラウドソーシングの実績がないわたしにとってブログが立派なポートフォリオになったんです。

  • ポートフォリオとは、ライター業界では納品記事をまとめた作品集のように使われています。
  • ポートフォリオを見ればライターの実力判断が可能です。
ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

だからブログをはじめるべきなんだ。

引用:実績なしの初心者webライターはブログで受注しよう【実体験】

ライティングの仕事をどんどん受注しよう

クラウドソーシングが登録できたらライティングの仕事をどんどん受注してください。

仕事をもらうコツは、とにかく提案数をこなすこと。

はじめての受注は10回提案して1回通るかどうかです。

得意分野・趣味・本業と関連しているなど「これなら自分も書けるかも」と思うものがあれば応募しましょう。

「提案するって何を書けばいいの?」と不安な人は「webライターの提案文の作り方【認定ランサーの見本を公開】」を参考にしてください。

文字単価・記事単価アップを狙おう

ライティング案件の数をこなせるようになったら、文字単価・記事単価アップを狙います。

単価を上げていかなければwebライターとして稼ぐことはむずかしいです。

  • サグーワークスならプラチナライターに挑戦
  • ランサーズ・クラウドワークスは文字単価1.0円以上に応募する

ランサーズ・クラウドワークスでは交渉によって単価をあげることもできます。

ただしwebライターを始めたばかりの頃は、交渉は慎重にしてください。

決裂すれば仕事を失う可能性があるからです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

交渉しないで単価が上がっていくのが理想的

気になる人は「【webライターの単価】交渉なしで相場より報酬アップする2つの方法」を読んでください。

まとめ:webライターはクラウドソーシングサイトで仕事を始めよう!

しっかりとした握手

しっかりとした握手

webライターの仕事の始め方をまとめました。

4つのSTEPを順にこなしていけば、クラウドソーシングでwebライターデビューできるはずです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

もう一度、流れを確認

webライターの始め方

本気でwebライターになりたいなら、ロードマップも参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました