【ロードマップ】未経験者がwebライターになるための5つのステップ

ブロックエディタが使いにくいならClassic Editor【設定方法】

Gurtebergのエディタのビジュアルブログ
Gurtebergのエディタのビジュアル
この記事は約5分で読めます。
  • ブロックエディタが使いにくいならどうすればいいの?
  • Classic Editorってどうやって設定するの?

WordPressワードプレスのブロックエディタが使いにくい、と困っていませんか?

それなら、Classic Editorクラシックエディタというプラグインを使いましょう。

この記事は、画像付きでClassic Editorをインストールしているので記事を見ながら設定してくださいね。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

だれでも簡単に、120秒ほどあれば実行できますよ。

  • ブロックエディタが読みにくいならクラシックエディタで解決します。
  • インストールし設定するのは120秒で終わるので今すぐやろう!

Gutenbergは投稿画面のビジュアルがブロック風で見づらかった

Gutenbergグーテンベルグは投稿画面のビジュアルが非常に見づらいです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

以前のエディタを使っていた人ほどそうでじゃないですか。

Gurtebergのエディタのビジュアル

Gurtebergのエディタのビジュアル

文章や画像などは、ブロックごとに入力したり挿入したりするようになっています。

 

エディタを従来のようなビジュアルへ戻すのに「Classic Editor」というプラグインを使いました。

Classic Editorで元のクラシックなビジュアルに戻せた

「Classic Editor」をインストールして、従来のエディタと同じようなビジュアルへ変更しましょう。

「Classic Editor」を有効化すれば、下の写真のようになります。

「Classin Editor」インストール後

「Classin Editor」インストール後

「Classic Editor」のインストール方法

「Classic Editor」をインストールする流れを確認してください。

  1. [プラグイン]から[新規追加]
  2. 「Classic Editor」で検索
  3. 「Classic Editor」のインストール&有効化
ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

さっそく始めましょう。

 

まずは、WordPressの管理画面に入ります。

つぎに、左側にあるWordPressの管理メニューの[プラグイン]から[新規追加]に進みましょう。

[プラグイン]から[新規追加]

[プラグイン]から[新規追加]

[新規追加]で「Classic Editor」と入力してください。下の写真で赤枠で囲んでいるものが今回インストールするプラグインです。

「Classin Editor」インストール

「Classin Editor」インストール

[今すぐインストール]をクリックして、プラグインを導入します。 有効化 と表示されるのでクリックしてください。

「Classin Editor」有効化

「Classin Editor」有効化

有効化できれば、「Classic Editor」は無事にインストールが完了しました。

WordPressに導入された[プラグイン]を確認してみると、「Classic Editor」が追加されていますね。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

ちなみに、細かい設定は不要です。

 

ふたたび投稿画面にもどり、ビジュアルの変化を確認してください。

ブロックエディタと「Classic Editor」を切り替える方法

ブロックエディタを使いたい時は、「Classic Editor」アンインストールしてもよいですが、切り替える方法もあります。

 

WordPress管理メニューの[設定]から[投稿設定]を開いてください。

開くと、下の写真の赤枠で示されている部分から切り替えができます。

エディタの切り替え

エディタの切り替え

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

ときどき切り替えて、新しいエディタに”慣らしていく”のもあり?

ブロックエディタが使いにくいならClassic Editorをインストール

WordPressのバージョンを更新してから、エディタが使いづらくなった人は「Classic Editor」を使ってみてください。

このプラグインでビジュアルを元に戻すことができるからです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

簡単な作業なので、ぜひチャレンジしてくださいね。

 

ほかにも、ブログ運営に絶対必要なプラグインがサイトマップを自動生成してくれる「PS Auto Sitemap」です。下の記事では使い方や細かな設定を紹介しています。

補足:最新のWordPressに対応するサーバーなら

最新のWordPressが使えるレンタルサーバーを探しているなら、ロリポップがおすすめです。

月額250円からワードプレスも使えます。

高速サーバーのハイスピードプランも月額1,000円です。

ロリポップ! 口コミ

まずは無料で10日間お試し
WordPress5.4も簡単インストール
タイトルとURLをコピーしました