【ロードマップ】未経験者がwebライターになるための5つのステップ

webライターに必要なソフトと便利ツール【初心者向けに総まとめ】

webライター
この記事は約7分で読めます。
webライターに必要なソフトは何?

政府がすすめる在宅ワークの1つ、webライター。

webライターになりたくても、どんなソフトを準備すればいいのか分からず困っていませんか?

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

現役webライターが必要なソフトを紹介します。

この記事を読めば、必要なソフトが分かりますよ。

  • 必要な7つのソフトをそろえましょう。
  • 無料のものからそろえればO.K.です。

webライターに必要なソフトはイメージしにくい

webライターの仕事をしたことがないと必要なソフトをイメージしにくいですよね。

無駄なソフトを使っても仕方がありません。

webライターに必要なソフト

webライターに必要なソフト・ツールをまとめました。

  1. オフィスソフト
  2. チャットワーク
  3. Skype
  4. MindMup 2
  5. コピペチェッカー
  6. 類語辞典
  7. 文賢
ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

あると仕事がはかどるよ。

オフィスソフト

オフィスソフトは絶対に欠かせません。

クライアントさんに記事を納品する場合に必要になりますし、記事構成を受ける場合にも必要です。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

オフィスソフトなしでライターさんは、無理かな。

『パソコンにある「メモ帳」ではだめ?』と思うかもしれませんが、無理です。

「メモ帳」では、ファイルがテキスト形式(txt)になってしまいます。

使ったことのある人が多いMicrosoftのオフィスソフトが最有力候補ですね。

Microsoft office online

Googleのオフィスソフトでも構いません。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

私もGoogleのofficeソフトを使っているんだ。

Googleアカウントがあれば、だれでも無料で利用できます。

アカウントを持っていない人は、下の公式サイトからまずはアカウント作成をしてください。

Googleアカウント

使いやすさで選ばれる「チャットワーク」

連絡ツールの1つが「チャットワーク」です。

使いやすさと見やすい画面で、有効な連絡ツールとして選ばれています。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

私も、定期的に仕事をくれるクライアントさんとの連絡で実際に使っているよ。

チャットワーク

画質・音質・セキュリティで選ばれる「Skype」

もう1つの連絡ツールが「Skype」です。

画質・音質・セキュリティで、有効な連絡方法として選ばれています。

Skype

マインドマップを作って印刷できる「MindMup 2」

記事設計ツールの「MindMup 2」を持っておくと便利です。

「MindMup 2」があれば、マインドマップをパソコンで作ることができます。

マインドマップで、webライターに欠かせない記事の設計や構成がしやすくなります。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

おすすめのマインドマップは、「MindMup 2」

マインドマップ作成ソフトとして、「X-mind」も有名ですが無料版は印刷できません。

「MindMup 2」なら、無料でダウンロード・印刷ができるのでおすすめです。

MindMup2 使い方(他サイト)

コピーかオリジナルか確認できる「コピペチェッカー」

コピペチェッカーも便利です。

webライターとして、コピーコンテンツを作るわけにはいきません。

法律違反・規約違反となり、クラウドソーシングサイトではアカウント停止の処分を受ける可能性があります。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

ライターとして食べていけなくなるよ。

「コピペチェッカー」は、4,000字までは無料でコピペチェックができるブラウザソフトです。

コピペチェッカー

語彙力を高めるための「類語辞典」

webライターとして語彙力は、「類語辞典」で高めておきましょう。

短い言葉で伝えたり的確に伝えたりするには、適切な言葉を使いこなす必要があるからです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

ボキャブラリーは大事だよね。

類語辞典

読みやすい文章をつくるお助けソフト「文賢」

webライターにとっての生命線になる文章の質をたすけてくれるのが文章作成アドバイスツール【文賢】 です。

株式会社ウェブライダーが作ったソフトで、読みやすく分かりやすい文章や人を傷つけない文章になるようアドバイスしてくれます。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

「沈黙のwebライティング」と「沈黙のwebマーケティング」著者の松尾茂起さんのいる会社だよ。

「JTB」や「KDDI」も導入しているソフトです。

  • 初期費用:10,800円
  • 月額費用:1,980円~

文章をチェックしてもらう人がいないなら使ってください。

文章作成アドバイスツール【文賢】

まとめ:webライターに必要なソフトをそろえて今すぐ受注しよう

カフェでライティング

カフェでライティング

webライターに必要なソフトを紹介しました。

これからwebライターになりたいと考えているなら、『ここにあるすべてのソフトとツールをそろえよう!』とか『ネットで勧められているツールは、とりあえず購入しよう!』と意気込むかもしれません。

でも、有料版を買う必要はなく無料版で十分です。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

お金をかけずにスタートできるのがwebライターの強みだからね。

必要なソフトがそろっているなら、さっそくクラウドソーシングサイトで仕事を探しましょう。

 

提案の仕方が分からないなら「webライターの提案文の作り方【認定ランサーの見本を公開】」を参考にすすめられます。

本気でwebライターになりたい人は、下の記事を読んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました