【ロードマップ】未経験者がwebライターになるための5つのステップ

webライターおすすめノートパソコン3選【認定ランサー厳選】

webライター
この記事は約9分で読めます。
webライターにどのパソコンがおすすめですか?

「webライターはどんなパソコンが必要なんだろう?」と探していませんか?

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

現役webライターが疑問に答えます!

この記事を読んでもらえれば、失敗しないパソコンが分かります。

webライターはノートPCでもchromebook、中古パソコンでもかまいません。

webライターには高性能なパソコンがいると誤解している人のために

webライターのパソコンに性能を求める必要はありませんよ。

高性能なパソコンでないとだめだ、というのは誤解

もちろん、高性能なパソコンや環境をそろえるほうが仕事の効率は上がりますが、最初からそろえなくてもO.K.です。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

どれくらいのスペックが必要なの?

webライターに必要なパソコンのスペック

webライターの仕事に必要なパソコンのスペックをまとめました。

  • ストレージ:絶対にSSD
  • CPU:Core i3でO.K.
  • メモリ:2GB以上
  • Windowsなら10
  • ライティングに影響するキーボードはこだわろう

SSDだけはゆずれない

絶対にゆずらないでほしいのはSSD搭載のパソコンであることです。

パソコンを起動・終了するのも、データをダウンロードするのも、ソフトを立ち上げるにもすべての動作を快適にするにはSSDが必要なんですよ。

HDDでは仕事の効率がガタ落ちします。

速っ!SSDとHDD起動時間比較してみた。

動画を見比べてわかるとおり、圧倒的にSSDが早いですよね?

たとえば、一般車とスポーツカーで1日ずっと走ると走行距離も疲れもまったく違います。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

1日だと大きな差が出るよね。

HDDとSSDではそれくらい効率も疲労もかわるので、SSDだけは絶対にゆずらないでください。

webライター向けパソコンの最優先事項と言えます。

デスクトップパソコンかノートパソコンか

デスクトップパソコンでもノートパソコンでもどっちでもいいです。

webライターの仕事で性能は問われないの、好みで決めましょう。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

いつか取材記事も書きたいならノートPCかな。

WindowsOSかmacOSかchromeOSか

OSはどれでもかまいせません。

使い慣れたもので十分です。

画面サイズはお好みで

画面サイズは好みで選んで問題ありません。

10~14インチのコンパクトなノートPCなら、持ち運びやすくカフェでも利用しやすいでしょう。

15インチ以上の大きめのノートPCは、大きな画面で作業効率が良くなります。

core i3でも快適、それ以下でも

次にCPUは、core i3以上が理想です。

とはいえ、ライターとしての仕事はテキスト入力がメインなのでそれ以下でも問題ありません

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

わたしはcore i5だよ。

メモリは最低2GBないとWindows10はきびしい

メモリは最低2GB以上を探してください。

これは、Windows10が2GB以上を想定して設計されているからです。

気になる人は「Windows10コンピュータの仕様とシステム要件を見つける方法|Microsoft」をお読みください。

ただし、実際には2GBではもたつくため4GB以上が現実的です。

WindowsのパソコンならOSは10以上

もしWindowsのパソコンを使いたいならWindows10にしてください。

7より古いOSはサポート対象外となっているからです。

サポート対象外のOSが搭載されたパソコンを使うとウイルス感染のリスクが高くなります。

webライターが情報漏洩じょうほうろうえいすると、信頼を失うので絶対に避けたいところです。

ライティングに影響するキーボードはこだわってもいいかも

キーボードはこだわってもいいですね。

入力しやすいかどうかが、ライティングの早さや疲れに影響しますから。

わたしも深めのストロークがあるパソコンを選びました。

ストロークの深いパソコン

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

これくらいあると入力しやすい。

キーボードやマウスは体への負担を軽減するために、こだわるほうがいいと思います。

webライターおすすめのパソコン3選【予算別】

おすすめのパソコンを3つ選びました。

もう少し安いパソコンを考えているなら「 現役webライターは中古のパソコン 」を見てくださいね。

Lenovo chromebook S330【5万円以下】

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

S330の紹介の前に・・・

chromebook(クロームブック)とは、Chrome OSを使っているノート型パソコンのことです。

  • Windowsより安い
  • CPU性能が低くてもサクサク動く
  • たいてい起動10秒未満、終了1秒
  • セキュリティ性が非常に高い
  • Windowsとは使い勝手がちがう
メーカーLenovo
OSchromeOS
CPUMediaTek MT8173C (2,10GHz)
メモリ4GB
ストレージeMMC32GB
画面サイズ14インチ
画面解像度1366×768

14インチのHDまたはフルHDモデルが用意されています。

1.5kgとやや重いため持ち運びは大変ですが、4GBのメモリで快適に動作します。

2020年4月17日
楽:32,780円 A:29,800円 Y:36,850円

Inspiron 13 5390【5万円以上】

メーカーDell
OSWindows10 home
CPUIntel® Core™ i3-8145U プロセッサー
メモリ4GB
ストレージSSD128GB
画面サイズ13.3インチ
画面解像度1920×1080

SSDを搭載しサクサク動作が期待できるDellのノートパソコンです。

持ち運びがしやすい13インチクラス。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

Dellはキーボードが入力しやすいんだよね。

2020年4月17日
楽:79,800円 A:52,360円 Y:77,754円

Macbook air 13インチモデル【10万円以上】

メーカーApple
OSmacOS
CPU1,1GHzデュアルコアIntel Core i3(Turbo Boost使用時最大3,2GHz)
メモリ8GB
ストレージSSD256GB/512GB/1TB/2TB
画面サイズ13,3インチ
画面解像度2560×1600

2020年1月現在販売されているMacbookでもっともお手頃なのが、Macbook air 13インチモデルです。

「持っているだけでかっこいい」パソコン。

webライターとして本気で稼ぐ、という決意を強めて自分を追い込むにはちょうど良いでしょう。

2020年4月17日
楽:139,490円  A:115,280円  Y:なし

現役webライターは中古のパソコン【3万円以下】

わたしが使っている中古のパソコンを紹介します。

当ブログ運営者のパソコン

当ブログ運営者のパソコン

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

LATITUDE E7250で入力しやすいキーボードなんだ。

メーカーDELL
OSWindows10Pro
CPUCore i5 5300U
メモリ8GB
ストレージSSD256GB
画面サイズ12.5インチ
画面解像度1366×768
ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

ライティングの仕事はこれで十分。

お金をかけたくない人は、中古パソコンでも問題ありません。

わたしがいつも利用しているのは、中古パソコンショップ Be-Stockです。

ひーちゃん@認定ランサー
ひーちゃん@認定ランサー

これまで3台買ったことがあるよ。

とにかく品質がいいのと、ものすごく対応が親切です。

半年ほどたって壊れたときも、保証期間内だったのできちんと返金してくれました。

いま使っているのは価格が28,000円くらいですが、快適に動きます。

パソコン1年無償保証

  中古パソコンショップ Be-Stock 

webライターは性能が低すぎるパソコンなら買い替えるのがおすすめ

パソコンの性能が低すぎる人は新しいパソコンにするのがおすすめです。

性能が低すぎるとセキュリティが弱くなったり、効率が悪かったりします。

  • HDDのパソコン
  • CPUがCoreシリーズではない
  • メモリが2GB以下
  • Windows7より古い

購入の目安にあてはまるなら「webライターへおすすめのパソコン&chromebook3選」で紹介したパソコンから選びましょう。

 

パソコンを持っていれば、すぐにでもwebライターになれます。

本気でwebライターになりたい人は、下の記事を読んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました