【ロードマップ】未経験者がwebライターになるための5つのステップ

【鉛筆の濃さ】H、B、Fは硬さの違いで書き心地につながる

文房具
この記事は約3分で読めます。

『鉛筆のHBとかBってなんのこと?』とこどもに質問された経験がありませんか?

『濃いか薄いかでしょ』と答えていませんか?

正解です

ただし、『鉛筆の濃さは、硬さの違いで書き心地が変わるんだよ』と答えると、もっといいかもしれません

今日は、知っておくとためにもなる鉛筆の濃さについて、濃い情報をお届けします

鉛筆の芯は、黒鉛と粘土でできている

そもそも鉛筆の芯は、黒鉛と粘土でできています

 

黒鉛が黒い色を出しています

粘土が芯の形状をキープしてくれます

 

鉛筆の芯は黒鉛と粘土でできており、芯に含まれるそれぞれの材料の割合が鉛筆の濃さをはじめ、書き心地などにも影響してきます

【鉛筆の濃さ】は、黒鉛の割合が多いほど濃くなる

『鉛筆の濃さは、どうして違うの?』

鉛筆の濃さは、鉛筆の芯に含まれる黒鉛と粘土の割合で変わります

 

黒鉛が多くて粘土が少ないと、鉛筆の色は濃くなります

黒鉛が少なくて粘土が多いと、鉛筆の色はうすくなります

 

鉛筆で紙に字を書けるのは、紙との摩擦で鉛筆の芯が削れていくときに、黒鉛が紙に残るから、紙に書けるわけです

とうぜん、紙にのこる黒鉛の量が多いほどに、濃さは強くなりますね

 

つまり、芯に含まれる黒鉛の濃度が、鉛筆の濃さを左右します

 

この黒鉛と粘土の割合は、濃さに影響するだけではありません

鉛筆の硬さは、粘土の割合が多いほど硬くなる

芯に含まれる黒鉛の濃度は、鉛筆の濃さを左右します

では、芯に含まれる粘土は、なにに影響するかというと、これが硬さに影響するわけです

 

粘土が多いほど、粘土の割合が高いわけなので、硬くなります

粘土が少ないほど、粘土の割合が低いわけなので、やわらかくなります

 

鉛筆で紙に字を書くとき、粘土の割合が高い芯の鉛筆だと、カリカリッした書き味がします

 

芯に含まれる粘土の割合が、鉛筆の硬さを左右するわけです

 

鉛筆の濃さと鉛筆の硬さのバランスで、鉛筆の芯はできている

鉛筆の濃さと鉛筆の硬さのバランスで、鉛筆の芯はできています

 

鉛筆の濃さと鉛筆の硬さは反比例の関係にあります

  • 濃くなるほど、やわらかくなる
  • うすくなるほど、硬くなる
  • やわらかくなるほど、濃くなる
  • 硬くなるほど、うすくなる

 

黒鉛も粘土も重要です

黒鉛だけなら、芯が崩れてばかりで字はかけません

粘土だけなら、芯が削れず紙を破るばかり

 

すべてはバランスです

【鉛筆の濃さ】は、H、B、Fで表記する

鉛筆の濃さ(硬さ)は、H、B、Fで表記します

鉛筆4B 鉛筆2B2

 

  • H:Hard(硬い)
  • B:Black(黒い)
  • F:Firm(引き締まった)

 

JISのさだめる鉛筆の硬さ表記

JIS(日本工業規格)は、鉛筆の硬さ表記をさだめています

 

上から順番に、やわらかい(濃い)表記です

下に向かって、硬く(うすく)なります

  • 6B
  • 5B
  • 4B
  • 3B
  • 2B
  • B
  • HB
  • F
  • H
  • 2H
  • 3H
  • 4H
  • 5H
  • 6H
  • 7H
  • 8H
  • 9H

まとめ:【鉛筆の濃さ】は、書き心地に影響する

鉛筆の濃さは、鉛筆の硬さを関係がありました

濃さと硬さのバランスが大事であり、JISは硬さの違いをH、B、Fで表記しています

 

芯に含まれる黒鉛と粘土の割合で、濃さ、硬さ、書き心地がかわってきます

H、F、Bの表記を見ながら、あなたの好きな書き心地を探してみてください

鉛筆で書く

タイトルとURLをコピーしました